I want to be honest honest honest.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web clap
- - -
エミーリヤ・フェリシンに憧れて
JUGEMテーマ:自作小説
 「それはね、戦前のイタリア映画の女優たちに愛されていたデザイナーのアクセサリーのレプリカ。隣にネックレスがあるでしょ。そっちと同じ作者でね、知らないかしら、ヨーロッパ中で活躍したロシア人女優の、エミーリヤ・フェリシンて女優さんのために作られたものなんだけど」
ふと、自分ばかりが話に夢中になっているのに気付き、私は一旦子供のようによく動きたがる自らの舌の動きを止めた。
目の前の少女はその口元に、なんとも表現しがたい静謐な笑みを浮かべて私の指差したアクセサリーを見つめている。愛情か羨望か憧憬か、私の商品たちを見つめるその瞳は美しかった。私には彼女の考えていることは推し量れない。
「あなた、本当に好きなのね」
閉ざしたはずの口からポロリとそんな言葉が漏れる。


私の経営するアンティークショップに彼女が訪れるのはこれで2度目だった。扱う商品が商品なので、彼女のような年の頃の客は珍しかったが、最初の来店ですぐに彼女の顔を覚えたのはそれが理由ばかりではない。容姿は確かに可愛らしい。しかし特別美しいわけではない。「魅力的」という言葉が最も近いが、「個性的」という言葉はいささか遠いように感じられた。


「エミーリヤ・フェリシン」
そう呟いて、彼女はゆったりと笑む。
「でもやっぱりこのティアラとネックレスのセットが好き」
彼女は私の目を見つめながらショーケースの左端を指差す。60年代から70年代にかけて作られたフランス製のアクセサリーだった。
「フェリシンも好きそう」
彼女は首をかしげながらそう冗談めかす。私は楽しくなって笑った。思えばこんな若い女の子に私の長々としたアンティーク談義をできる機会はなかなかない。若い人が「美しい」だけではない、アンティークに付随する歴史に興味を持ってくれるのが嬉しかった。


ありがとうございました、そろそろ失礼します、と告げる彼女に、また遊びに来てね、と手を振って、私は店のカウンターの中からその後姿を見送った。
普段から客の少ない店だ。店の中はしんと静まり返り、馴染みの閑古鳥も鳴き出したようである。今の間に最近入荷した商品の陳列を始めるとしようか。そうだ、新しい商品をあの子にも見せてあげればよかった。すっかり失念していた自分の頭をを掌で軽く叩いてやる。


今回入荷した商品は、レースの飾り襟が数点と食器類が主であるが、他にもやはりフェリシンが愛用したと言われるアクセサリーを何点か、フランスの馴染みの販売主から買い受けている。
そういえばキャドがどうとか言っていた。
キャドはフランス語でプレゼントを意味する。「おまけ」を入れてくれたのだろう。個人で輸入の仕事などをやっていると、たまにこういうことがある。
一通り陳列を終えてから、私はフェリシンのアクセサリーと「おまけ」が入っているであろう箱を開けてみた。


「あらあら」


見れば箱の中には、包装が解けてフェリシンのネックレスがぐるぐると巻きついてしまったアンティーク人形が静かに横たわっていた。しかし華奢ながらも豪華なそのネックレスに身体を包まれたその人形は、どこか誇らしげで嬉しそうに見える。
「ちょっとごめんなさいね。悪いけどこれはあなたのじゃないのよ」
そう囁きながら人形からネックレスを外してみると、なぜだか、どこかで見た顔だ。



「フェリシンも好きそう」



冗談めかして言った彼女の顔が脳裏に浮かぶ。
ははあ、と思って、私は再び人形にネックレスを付けてやった。


アンティークショップには色んな客が集うものだ。なかには新居を見物に来る客もいる。




「あのう、この人形のネックレスはどこのものですか」
「それはフランスから輸入したネックレスで、エミーリヤ・フェリシンっていう女優さんがつけていたもののレプリカなんです。でもすみません、それは売り物じゃないんですよ」


私の店のカウンターに、フェリシンのネックレスをつけた、静謐な笑みを浮かべているアンティーク人形が置かれるようになってから、「彼女」は現れなくなった。ひとりの客としては。
web clap
STORY comments(0) trackbacks(0)
How can I keep from singing
JUGEMテーマ:自作小説
 
朝目覚めると、僕の声はテノールに限りなく近いアルトから、メゾソプラノを軽く通り越した美しいソプラノに変化していた。変声でソプラノからアルトになることはあるけれど、その逆もあるのだろうか。でも実際僕の声はその日、コンプレックスだった低いアルトから、透き通る水晶のようなソプラノになったのだ。


「カエルの声」
そう呼ばれて、合唱団のソリストたちや他のソプラノ団員にからかわれたこともあった。それほどに僕の声は醜かった。でも声質は努力だけでは変えられない。恥ずかしいけれど悔し涙を流したこともある。どうして、なんで僕がこんな声なのか。
こんなにも歌が好きなのに。
声が、出ない。



水晶の声を手に入れた僕は、夢中で合唱団の楽譜をめくった。「野ばら」「ピエ・イエズ」「天使の糧」…すごい。何でも歌える、ソプラノで。僕は神様に感謝した。好きな曲を、この声で、好きなだけ歌えるのだ。涙が出るほど嬉しかった。


神よ
感謝します
この僕に
この上ない喜びを与えてくださったことを


僕は夢中になって楽譜を引っ張り出して、普段は絶対歌わないような童謡からミサ曲まで、誰に聞かすでもなく歌い続けた。自然と笑顔がこぼれて、楽しい、とにかく楽しい気持ちが抑えられなかった。


でも僕は、観客が一人だけいることに、密かに気づいていた。


それは、僕。
冷たくなった僕。


神よ
それでも僕は感謝します
今からそちらに行ってもいいでしょうか
とっておきの僕の歌声をあなたに届けます




神よ
web clap
STORY comments(0) trackbacks(0)
とある絵描きの少女は絵が描けない
JUGEMテーマ:自作小説
 教会の鐘の音が聞こえた。この街の朝は遅いな、と誰に言うでもなくつぶやいてみる。
私はさっさと身支度をしてアパルトメントの扉を開けると、絵具箱にクロッキー帳、数冊の美術書を乱暴にひっつかんだまま、アトリエへの近道であるナイチンゲール通りをいつもより少し早足で歩んでいった。
今日は木炭画はやらないからパンはいらない。でもペインティングオイルが切れているんだった。まぁいい。それよりウェス(筆を拭く布きれ)だ、使いすぎてもうこの街の川どころかどぶのような色をしている。
イライラしていた。
創作意欲なんか沸いてこない。
所詮絵の才能のない私は、毎日アトリエへ通って、面白くもない絵を描いて、決して叱らない先生に当たり障りのないことを言われてはぁとかへぇとか言いながらわかったふりをして、夕方になったらまたアパルトメントへ帰るのだ。
昔はあんなに絵を描くのが好きだったのに。
いつからこうなったのだろう。
いつから描けなくなってしまったのだろう。
何があったわけでもないのに、今日はやけにイライラした。


また教会の鐘の音が聞こえる。
どこの教会だろう。
ふと足を止めた。この時間に鐘を鳴らす教会があっただろうか。


リンゴン、リンゴン、リンゴン、リンゴン、
鐘の音は止まらない。


リンゴン、リンゴン、


音が、次第に私の頑なな心を揺さぶって、卵の殻でも割るように心を裸にしていく気がした。つ、と涙がこぼれた事に気付いて、こしりとそれを拭う。
あぁそうか、私は。


私は、描きたいものを見失っていただけか。
この鐘の音だって絵にできるのだ。絵にしてみせる。美しいと感じた、それだけの理由で私たちは筆をとるのだ。できるかできないかはどうでもいい。感動を、少しでも形に残すこと。残そうとしたことを忘れてはいけないから、少しでも愛情を注いで筆を持つ。


ふと、絵具入れからくすくすと笑い声が聞こえた。
あぁ、そういえば先週の土曜、蚤の市で買ったこの古ぼけた木箱に絵具を入れ替えたのだっけ。
「あんたの仕業ね」
私は手に持った絵具箱をじっと見つめながら、ふっと笑った。
web clap
STORY comments(0) trackbacks(0)
朔妖(さくよう)
JUGEMテーマ:自作小説
おや、どこの汚い赤ん坊が転がってるのかと思ったよ。ねぇ爺さん、あんたこの前死んだばかりだろう。生まれてくるのは何度目だい?


朔妖の知人の発する声が、私の近い所にいるにも関わらず、なぜか妙な程に遠く感じた。朔妖は私たちが共有する神話の中で、もっとも早く誕生するため「朔」と呼ばれる。そして「妖」の字の所以は。
「生まれてくるのは四度目だよ。最近は女が子供を産まなくなったね。今回は生まれてこれないかと思ったよ。さてまぁ、女が子を産まなくなったのは、この術を編み上げたわしらのせいかねぇやはり」
その声にぞくりとする。冬のせいだろうか。窓に張られた硝子がかたかたと神経質な音をたてている。
「朔妖の寿命は百年だ。若くして死ぬことはあってもそれ以上生きることはない。それ、おまえは何年生きた、死に損ない」
あぁ、と思った。声自体が悪寒なのだ、これは。
私は側に立つ知人をかえりみた。知人は何も言わず微笑をたたえている。いつその命尽きるかもわからない私の知人。知人は黙って言葉をつむぐ赤ん坊を見つめていた。


「おまえは転生する気がなさそうだね」
赤ん坊は無感動にささやいた。
知人は何も言わない。ただ笑むばかりだった。


転生。もの言う赤ん坊。決められた寿命。そしてそれが生活と、人生と、密接に関わった暮らし。
ここでは「こういうの」が日常なのか。
これは確かに妖だな、と、私は止まらぬ寒気を必死で押さえようとしながらそう思った。
web clap
STORY comments(0) trackbacks(0)
瀕死のドラゴン
 Dragon's life is long but the dragon knows he will die soon. He want to know "Where do I go after I died?"
He asks girl but she doesn't say anything. Dragon feels human is boring.
He asks mermaid,she said "We will engoy our new life in nice place like the sea forever." But dragon hate "forever" because it's too long time.
He asks fairy, she said "You will be born and become you again in somewhere like flower." But dragon thinks the idea and forever are the same.
He asks wizard, he said "After the death, there are nothing. Only dark." Dragon feels little sad.
At last he was dead. But a girl watched it. In fact she hides her wings, she is an angel.
She said "I can meet you." and dragon doesn't feel sad and he doesn't lonely forever.
続きを読む >>
web clap
STORY comments(0) trackbacks(0)
なにかたちの小話
JUGEMテーマ:自作小説
何してるの、と声を掛けると、二人の子供は声を揃えて「くっついちゃったの」と唱えた。私は軽く頭をかいて、とりあえず頭から離してみようか、といい加減な提案をする。
同じ顔をした二人の子供は、ずるりずるりと音を立てながらくっついてしまった二つの頭をはずそうともがいた。見兼ねて私もその小さな頭を右と左に引っ張ってやる。頭が大体離れてくると、こんどは束になってしまった髪の毛の番だ。私はなるべく丁寧に二人の髪を梳いてやり、一つだった巨大な頭は二つになった。
次は肩の番だが、これも無理やり引っ張るしかない。片方の子の指がもう片方の子の背中にごちゃごちゃと埋まっていたので、そいつもついでに取ってやる。細かい指なので難儀だったが、それでなんとか一人だった二人は正真正銘の二人になった。
「なんでこんなことになったの」
「だって今日は妖精が来る日でしょう。悪い妖精だったら怖いから、ずっと二人でくっついて寝てたの」
「くっついたまま寝ちゃったの。くっつきすぎて、起きたらほんとにくっついてたの」
私はちらりと笑ってみせた。
「それで、妖精は来たのかい」
「来なかった」
「良い妖精も、悪い妖精も来なかった」


うちの近所にはたまに天使が出没する。
敬虔なクリスチャンではない私は、それを妖怪の一種か何かだと思っているのだが、聖なる夜にプレゼントを配ってまわる妖精の存在の有無まではわからない。
しかしひとつわかったことは、サンタクロースは天使にプレゼントを与えない、ということだ。


「世界一良い子たちなのに不思議だね」
「なにが?」
「いやなに、メリークリスマス」
「メリークリスマス」
二人は同じ顔に同じ言葉を乗せて笑った。
web clap
STORY comments(0) trackbacks(0)
珠天(しゅてん)
JUGEMテーマ:自作小説
 そう、珠だよ


青年は繰り返して囁いた。青年と言っても目を伏せたときなど時たま老人のようにも見える。雨宿りをしている僕の隣に駆け込んできた男だ。いつからか僕たちは話をしていた。僕はつまらない怪談話などをしてやる。青年はにこにこと笑ってそれを聞いていた。
不思議な男だ、と僕は思った。そして不思議な話をする、と。


珠に変じることができるんだ。人々は「仙人」として敬っていたよ。彼らはとても長生きで、ずっと美しいんだ。
ある日その珠に変じる少女、彼女達を総じて珠天と呼ぶのだけどね、彼女はお遣いで卵を買いに行った。でも運悪くその帰り道、彼女はひどい雷雨に遭って、恐ろしくて珠に変じたんだ。彼女の帰りが遅いことを心配した家の者達が探しに行って、彼女と思われる珠を見つけることはできたのだけど、なかなかこれが人に戻らない。彼女が再び人になったのはひと月後だった。卵の入ったかごを抱えて、雨でびしょ濡れになった姿のままに、ひょっこり家族の元に現れた。彼女はばつの悪そうな顔で


お遣いが台無しだわ


と言った。それで腕に抱えていた卵を割ってみたんだ。すると卵は新鮮なままだった。
珠に変じている間は時が止まっているんだ。だから彼女と一緒に珠に巻き込まれた卵も腐ることがなかったのさ。


こんな話もあるよ。


ある珠天の青年は人間の女性を大変愛していた。でも彼女は既に老人で、しかも重い病を抱えていた。もういつ命が尽きるかわからない。それで青年は、彼女を抱きかかえたまま珠に変じたのさ。
これで一生人には戻らないと誓ってね。そうすれば永久に彼女と共にいることができるから。


そこでこの伝説を踏まえてある仙人たちが面白い計画を立てた。
世界を1つの珠の中に封じようっていうんだ。
一人の珠天に世界を見聞させる旅をさせて、何もかも取り込ませようっていうんだ。呆れるだろう。
でも成功したんだ。
これだよ。
この珠に世界が入っているんだ。不思議だろう。


これは君が持っていてくれないか。大丈夫、絶対壊れたりしないから。あとは土に埋めようが一生持っていようが好きにするといい。別に君に世界を託そうっていうわけじゃないよ。私がこのまま持っていてもいいんだけど、なに、気まぐれさ。


そう言って青年は僕の元から去っていった。僕には青年がひどく疲れて、魂か何かが磨り減っているいるように見えた。このまま音もなくいなくなってしまうのではないかと思うほどに。
青年がその後どうなったかのか僕は知らない。僕はこの珠をどうすればいいのだろう。
そんなことを考えているうちに、雨が霧に変わった。この世界は常に変化している。珠の中の世界は、本当に止まっているのだろうか。僕はそっと譲り受けた珠に耳を当てた。無音、だった。
web clap
STORY comments(0) trackbacks(0)
月をとる竜
JUGEMテーマ:自作小説
眠れぬ夜、僕は部屋の中で竜を見た。


竜は窓をくぐってきんと冷える外に出た。竜にとってガラスは水の膜のようでしかない。音もなく冬の庭に出た竜は一声、こう、と啼いた。ほとんど吐息のそれは僕にしか聞こえない。


竜は月を見上げた。雲でけぶったそれは丸いのかそうでないのか判別がつかないが、竜は確かにそれを見てまたこう、と啼く。
すると竜の周りの景色が色褪せ始めた。けぶっていく。雲に隠れた月のように。夜飛ぶ鳥は空に溶け、電信柱は闇に霞み、家々は朽ちていくかのように夜色に染まっていった。
竜は燃えるまなこで月だけを見つめている。次の瞬間、世界は本当の闇に閉ざされた。


見てごらん。


竜の口に咥えられたそれを、こんどは僕が手の中に収める。


丸い焦げ茶けた色のくるみボタン。誰かが落としたものだろうか。僕は髪の長い少女がひとつだけボタンの取れたコートを、少し寂しげに見つめている光景を思い浮かべた。


月の裏側に隠れていたものだ。


竜は静かに言う。


月は皆が見ているものなのに、誰も探し物がそこにあることに気がつかないし、そこにあるとも考えない。不思議なことだ。


竜はそう言って再び僕の部屋へ戻り、ベッドの毛布をめくってマットに横たわった。
僕は相変わらず手のひらの中でくるみボタンを転がしていた。
今日はとても眠れそうにない。これから見る夢がどんなものか、考えただけで密やかに興奮してしまうから。


竜は僕だったんだ。
web clap
STORY comments(2) trackbacks(0)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Links
ランキング参加
Avatar
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
Mobile
qrcode
Sponsored Links